空手道拳道会第32回全国選手権大会開催(2018年11月3日、東京武道館)

 

 去る11月3日、東京武道館にて空手道拳道会第32回全国選手権大会が盛大に開催されました。

 午前中には型競技予選、女子、マスターズ決勝と各部門組手競技が行われました。

 昼食休憩をはさみ午後13時より石山圭会長、大会特別顧問菅沼光弘先生、中山信行先生と梨本宮記念財団代表理事梨本隆夫先生、足立区議会議員佐々木雅彦先生、(社)日本パワーリフティング協会宮本英尚先生他

 多数の来賓参加の下大会式典が行われました。

 石山圭会長の挨拶に続き、菅沼光弘先生、中山信行先生より祝辞をいただきました。

 前年度優勝者のカップ返還が行われ、八幡東道場山田寿英選手が選手宣誓を行いました。

 大会式典後には本部道場少年部による記念演武が行われ、基本動作、移動動作、約束組手、板割りなどを元気良く行い会場は大いに盛り上がりました。

 午後競技では型競技一般男子決勝と組手競技が行われ、熾烈な戦いが繰り広げられました。

 表彰式では石山会長を始めとしたご来賓の方々がプレゼンターを務め、各部門優勝者、入賞者達にカップ、メダル、盾、賞状を授与しました。

 その後会場を移し、ご来賓、選手、スタッフ参加の下記念レセプションが行われました。