空手道拳道会総師中村日出夫生誕百周年記念稽古会及び記念パーティー

 

 2013年6月16日、空手道拳道会では空手道拳道会総師中村日出夫生誕百周年記念行事として記念稽古会と記念パーティーを行いました。

 記念稽古会は午前10時より東京都新宿区の大久保スポーツプラザで行いました。

 稽古会には拳道会師範、指導員、一般部道場生とOB,OG100余名が参集しました。

 稽古会冒頭に総師中村日出夫先生に思いを致し黙祷を捧げました。

 稽古会は石山圭首席師範の指導の下古参の師範達から高校生までが共に汗を流しました。

 その場の基本から基本的な約束組手、直線波線十字型連続移動動作と代表者による型まで約2時間の稽古は終始大きな気合が鳴り響いていました。

 記念パーティーは午後2時より中野サンプラザにて行いました。

 パーティーには200名の方々が参加をしました。

 まずは拳道会師範指導員による記念演武を行い、その後拳道会石山圭会長の挨拶、総師ご家族の謝辞、菅沼光弘様より献杯のご発言がありました。

 パーティーでは中村日出夫先生の秘蔵映像が放映されました。

 本部道場少年部道場生達の演武もあり観客の喝采を受けました。

 サンプレイ代表宮畑豊様、株式会社福昌堂中村文保様、拳道会森裕師範、国際松濤館首席師範村上学様、倉本成春様、拳道会康和正師範には貴重なスピーチをいただきこころより感謝を申し上げますとともに、「拳道会総師中村日出夫生誕百周年記念行事」開催に尽力頂いた関係各位にこの場をお借りして深甚たる謝意を表します。