「空手道拳道会総師中村日出夫先生お別れの会」

 

 空手道拳道会総師中村日出夫先生(享年100歳)のお別れの会が2月23日〜24日にかけて東京都豊島区の拳道会本部にて開かれ数多くの弟子や関係者達が訪れ、去る1月8日に逝去した故人を偲んだ。

 道場内には献花台が設けられ、中村先生の稽古着や愛用品、手形と写真パネルが用意された。また拳道会大演武会と中村総師米寿記念演武会のDVDも放映された。

 23日午後12時より始まりの儀が執り行われ、故人を偲び1分間の黙とうをささげた後に弟子一同を代表して千葉支部鳩山一男師範がお別れの言葉を述べた。

 最初の献花は石山圭会長と森裕師範が行い拳道会師範と参列者がそれに続いた。

 献花の後に石山会長は謝辞を述べた。

 その後も本部道場にて献花を受け付け23日、24日の両日に各地から200名を越える方々が訪れた。