本部道場寒稽古開催

 

 2012年1月15日(日)空手道拳道会本部道場 少年部寒稽古が行なわれた。

 この日、気温は5℃。昨年は、寒稽古の名に相応しくない温かい天気だったが、今年は申し分の無い冷え込みだった。

 24名の少年部道場生は、道場を出発する際に「寒い、痛い」と、絶対に口に出さないと言う決め事を以って、勇ましく寒稽古場へと向かった。

 稽古場に着くや、「靴を脱ぎなさい!」と、更なる試練を叩き付けられたが、少年拳士は潔く靴を脱ぎ、裸足で稽古に挑んだ。冷たい地面に素足で立つと、瞬く間に寒さは倍増。

 それでも、決め事通り「寒い、痛い」と言う弱音一つ吐かず、最後まで元気良く稽古を終える事が出来た。

 稽古終了後は、用意された温かい豚汁を頬張りながら、今年の各々の決意と抱負を語り、寒稽古を終えた。