小山支部審査会&小山支部第二回練成試合開催

 

 12月11日(日)に茨城県結城市にある鹿窪運動公園にて小山支部定期審査会及び第2回空手道拳道会小山支部練成試合が行われた。審査は本部 李昌史師範、黒崎汐師範のもとに執り行われ、細かい動作の指導から普段の稽古に臨む姿勢、目標と熱心な指導を受けた。

 今審査は4名の昇段対象者を含む100名で行われ、真冬の寒さを感じさせぬ熱気が審査会場を包んだ。特に水戸クラブ開設以来初の昇段審査もあり、指導陣も感動を抑えきれぬ審査会となった。

 終始、緊張感のある中で行われた昇段審査。動作審査で細かい指導を受け、組手審査に全力で挑んだ4名の対象者に「昇段」との結果が発表され会場内の緊張が一気に解けた。

 審査会後は第2回となる小山支部練成試合が行われ、型の部 34名 組手の部 56名が参加し白熱した試合が繰り広げられ、初めて試合に参加する道場生達は緊張しつつも楽しみながら試合に臨んでいるように見えた。これからも第3回、第4回と道場生たちが楽しみ、活躍できる場を設け、空手をもっと楽しんでもらいたいと思う一日となった。