拳心館 寒中稽古

 

 「雪中稽古!」

 

 去る2/11(祝)、松戸支部 拳心館 寒中稽古が行われた。

 天気は予報通り雪。「運」、「ツキ」が有るのか朝からミゾレ交じりの雨から雪に変わる。

 気温1℃と絶好の寒中稽古日和。しかし3年前も大雪の中で行った経験を活かし、前々日から心も体も準備万端。参加者100名、覚悟を決めて雪中稽古に臨む。

 さすがに雪の影響で道路が滑りやすく急遽、稽古場所を近くの日暮公園に変更するも公園まで、また中のグランドで元気一杯、気合いを出してランニング。降り注ぐ雪が前を遮り、厳しい寒さで手足が凍え、吐く息も白く一向に体は温まらない。しかしながら絶対に寒さに負けない、自分に負けない、自分の弱さに打ち克つことを一心に気合いを出し続けた。

 走り込みダッシュから蹴上げ、基本動作から移動、そして約束組手まで全員がやり遂げた頃には道衣から湯気が立っていた。

 最後は全員で円になって手を繋ぎ声を合わせ心を一つに屈伸、不動立ち中段突きで締めくくった。

 雪の中、凍える寒さの中でも最後まで見守り声援を贈って頂いた父母に感謝!感謝!3年前も大雪に見舞われ今年も雪と恒例のマラソンの記録は残せなかったものの参加者一人一人の記憶には、しっかり刻まれた意義深い寒中稽古となった。

 稽古終了後の豚汁とおにぎりの味は、寒さと達成感と感謝というスパイスと温かさで忘れられない味となった。