2011年拳道会鏡開き

 

 2011年1月30日(日)、本部にて年始恒例の鏡開きが執り行われた。

 鏡開きには拳道会石山圭首席師範(拳道会会長・八段教士)が参加された。首席師範は稽古の折に数多くの指摘と実際の動作で範を示された。

 1月30日、新年の決意も新たな各道場で稽古を積んできたであろう、関東近郊の拳道会一般部道場生たちが本部道場に続々と集まってきた。

 恒例の拳道会鏡開き、ここ数年参加している道場生たちは心得たもので、鏡開きの稽古に向けしっかりと身体を作ってきている。この稽古が、首席師範の直接指導する稽古だからである。

 10時30分に石山首席師範が入場。鏡開き稽古参加者は40名。首席師範自ら発声をかけての礼を交わしてから、稽古に入った。稽古の進行は関登師範が担当する。石山首席師範が指定する動作を、稽古参加者全員が、全力で行なう。

 稽古はその場の基本から入り、移動動作へと続いた。移動は先ず有段者が行なう。その動きが手本となるまで延々と続けて、色帯と交代。幾度となく反復で行なわれる移動稽古。

 外は寒のうちでも、道場内は熱気に包まれている。

 約束一本組手でも有段者達が受けて立つというスタイルは変わらない。誰よりも有段の一般部道場生たちが汗を流していた。約束一本組手に続き、一本取り。

 全国大会優勝の「賢棋も後輩や一般道場生たちとの一本取りに加わっていた。

 その後は、鳩山師範、関師範をはじめとした師範達の型演武があった。

 稽古の締めに不動立ち中段突き200本と、平行立ち前蹴り200本を行なった。

 稽古の熱気が冷めやらぬ内に、2部の祝宴へと移った。前田師範に乾杯の発声により開始された祝宴では、参加者達から今年の抱負や本日の感想などをいただきながら賑やかな雰囲気の中で交流を深めた。

 祝宴の中締めを、本部道場塾頭、深尾氏より頂いた。