小山支部夏合宿開催(7月26日〜28日、大洗とちぎ海浜自然の家)!!

 

 猛暑が続く7月26日〜28日にかけて拳道会小山支部合同夏合宿が茨城県にある「大洗とちぎ海浜自然の家」で51名が参加して行われた。

 合宿前からの猛暑で道場生達の体調が心配されたが全員が3日間の日程をこなし、怪我無く無事に家に着いた。

 3日間の合宿では基本稽古から始まり、新しい型の習得や対人稽古を主として行い、空手だけではなく集団生活の中でお互いが助け合う精神を養った。集団生活では心配はあったが、年長者を始め班長、副班長が年下の準備や掃除の手助け、夜に寝付けない子への気配りなど普段の稽古では見えない部分での成長が見えた3日間であった。楽しみであるプールの時では年齢関係なく遊ぶ姿に集団生活の心配はもはや見受けられなかった。

 稽古では7月19日に行われた「東京都ジュニア選手権」で1年生組手の部2位、2年生組手の部1、2位や3年生型の部3位から始まり、多くの道場生が好成績を収めただけに参加者たちの向上心も例年に比べ高い合宿となった。

 今回の合宿で新しい型を全員が一つ以上習得する事と目標を掲げて合宿に臨んだが、参加者の中には新たに3つの型を習得した者も出た。合宿後は各道場、クラブで動作を練り、次に控える大会や審査会に備え、より良い成績を収める目標を全員が掲げた。

 また対人稽古では組手入賞者が多いだけに白熱した稽古となった。試合さながらの組手を行う中、周りからはいつしか声援が飛び交うほどとなった。