第4回板橋道場練試合

 

 4月29日(木・昭和の日)に、東京都板橋区の東板橋体育館にて「第4回板橋道場練成試合」が開催された。

 試合参加者は新宿道場・足立クラブからのゲスト参加者を含め42名、本部道場の協力の下開催することが出来た。

 午前9時30分、本部関登師範の挨拶をいただき2コート分かれ試合が行われた。

 4回と回を重ね、定着してきた感の強い本練成試合。今回は動作・型5部門、組手5部門に分かれて試合を行った。幼児や新一年生の組手のルールも昨年よりレベルアップされたのは普段の稽古がレベルアップしている反証だろう。

 また型試合に参加する選手も増え、着実に進歩を見せている。。

 練成試合に参加した選手達が、この試合を足がかりに様々な大会にチャレンジしてくれることを期待したい。