拳道会総師 中村日出夫十段範士

 

期待と愛情あふれる厳しい指導。

 

拳道会総師 中村日出夫(十段)略歴

1913年6月16日生まれ。
9歳より武道の修行を始め14歳で空手の本格的修行に入る。

1930年、京都第三高等学校で学業に励む傍ら武道専門学校に入門。京都大学1年の時に武専指導員として修行に励む。

1943年、30歳の時大日本武徳会より六段錬士を授与される。

1956年、山梨県甲府市で空手道修得館を開設。

1957年、大日本武徳会より八段教士を授与される。

1958年、山梨県空手道連盟結成に尽力。結成後、初代会長及び専任師範に就任

1961年、大日本武徳会空手部長に就任。

1966年、大日本武徳会より十段範士を授与。以後自己を厳しく練磨する傍ら近代空手道と40年に及ぶ修行過程を整理探究。

1968年、空手の本質を拳に求め拳の道を全うする意味において自己の空手道を「拳道」と命名し内弟子養成に務める。

1983年、古希(70歳)を迎える。これを機に高弟たちが拳道普及の為拳道会を設立、会長に就任。以後各地での演武会で伝説的な演武を披露。

1997年、会長職を後継者に委ねる。総師として拳道会全体の指導にあたる。

1999年、拳道会師範審査会を開催し審査指導を行う。

2001年、米寿(88歳)迎える。若き日鍛錬を重ねた京都の地で大演武会を開催、公開された場では最後となる演武を披露する。米寿を過ぎてもなお拳道会資格審査会を精力的に指導。

2013年1月8日、満99歳で永眠。